市内最大の自然と歴史の景勝地・かっぱの小径

 

牛久沼かっぱの小径は散策路として定着してきました。毎日散歩する方、団体でウォーキングする方々、牛久沼畔の自然観察をする方々、更には城中の歴史散策する方々など、多くの方々に利用されています。このロケーションが市内随一といっても良いでしょう。牛久沼畔の絶景は四季を通じて新たな発見があります。6000年前の縄文時代、地球は氷期以来最も暖かい時期がありました。大陸の氷床(ヨーロッパ大陸、北アメリカ大陸)が溶けて海面が5mも上昇、この現象を「縄文海進」と言います。牛久沼は太平洋の入海となり、黒潮に乗って南国の木の実が城中の斜面にも漂着しました。現在この斜面林には関東地方では無いはずの樹木が幾つか見られます、タブノキ、スダジイなど、それらは西日本からの漂着でした。そして、温暖期は去り、地球は冷えてくると、「海退」と言われ、海水は引いていき、牛久沼は海跡湖として残りました。そして、戦国期の天正18年(1590)、小田原後北条方であった牛久城主「岡見氏」は豊臣方の水戸佐竹氏の配下、下妻の多賀谷氏との攻防で、泊崎城が敵の陣地となり、牛久城、東林寺城との睨み合いが続きましたが、天正18年の前後には岡見氏のすべての城(15ほど)は落城しました。その後牛久城主には太田金山城(群馬)の城主だった由良国重が牛久城に移封。由良家は二代続きましたが、二代目は病弱で死去、由良家は改易になりました。そして、牛久城は廃城になりましたが、寛永5年(1648)山口重政が家康から牛久城を拝領、以来240年間山口家は牛久城主として、政治を司りました。かっぱの小径周辺はこんな歴史と自然景観が見られ、市内最大の景勝地となっています。

| 18:00 | 投稿者 : ushiku |
花ちらしの雨が花筏を演出

 

今年の桜も峠を越しました。今日は4月としては最も寒い一日になったようです。桜は散りだしていますが、花吹雪と花筏が最後を飾ってくれていました。本当に儚い桜の季節、この儚さが、日本人の心を射止めるのでしょうか。その最後の輝きを見せる桜に、今日は「花散らしの雨」になりました。春の雨は「木の芽起こし」の雨に始まり、花の開花を促す雨を「催花雨」、そして「花散らしの雨」。こちらでは花散らしの雨が、東北では催花雨になることでしょう。「花散って水は南へながれけり」正岡子規 

| 16:57 | 投稿者 : ushiku |
三日月橋周辺の桜は満開

 

三日月橋周辺の桜は満開になりました。満開になったばかりですが、散りだました。やきもきさせた今年の桜、満開になるまで時間がかかり、そしてすぐに散り出しました。花の中心はピンク色。桜の花は最初は中心が緑色ですが、薄いピンクになり、濃いピンクになると散り際と言うことになります。稲荷川外堤も三日月橋も花の中心はピンクに染まってきました。今年の桜はあと数日でしょうか。

そして心配なのはこの周辺一帯の桜の木が、天狗巣病に罹っています。早めの対応が必要かと思います。

| 15:52 | 投稿者 : ushiku |
稲荷川外堤、さっぱりした満開

 

今日も稲荷川外堤からです。今日も気温は急上昇、22度程度まで上がったでしょうか。遅れていた桜は一気に満開となりました。しかし、例年と比べると何か変です。これまでの桜はもっと頭が大きくこんもりとした花で覆われていたようですが、今年は何となく寂しい気がしました。一本一本の木を見てみると、かなり剪定しているようでした。昨年の相次ぐ台風で折れた枝もありました。そこで

剪定をしたのでしょう。三日月橋の桜のトンネルも今年は天井が抜けてしまっています。往事の姿に戻るためには後何年かかかりそうです。そして、今日、つくばみらい市の桜の名所、福岡堰に行ってきました。こちらは古木のためかなりの木が切られて、若木が植えられていました。こちらもやや寂しい感じになっていました。ソメイヨシノの寿命50年説は当たっているような気がしました。

| 17:14 | 投稿者 : ushiku |
稲荷川外堤の桜はまもなく満開

 

今日午後3時の稲荷川外堤の桜です。昨日今日と気温が上がり、開花が遅れていた稲荷川外堤の桜が一気に開花が進んでいます。現在は八分咲き程度でしょうか。週末には満開になりそうです。この堤は100本のソメイヨシノの中に、オオシマザクラ、ヤマザクラ、サトザクラが混ざり、市内でも一番の桜の名所です。

| 16:02 | 投稿者 : ushiku |
寒の戻りが桜の開花を遅らせている

 

稲荷川外堤の桜並木の現状です。まだ二分咲きほどで、開花が進みません。現在、カムチャッカ半島の東にある発達した低気圧によって冬型の気圧配置が続き、ここ数日寒の戻り状態になっています。今朝も遅霜で畑は真っ白、大きな霜柱も立っていました。この寒気で桜も開花を躊躇しているのではないでしょうか。明日から平年並みの気温に戻りますので、週末には満開になりそうです。牛久シャトーは満開。牛久自然観察の森第二駐車場は8分咲きです。

| 16:33 | 投稿者 : ushiku |
牛久で一番の歴史の宝庫・城中

 

今日は某地区社協からの要請で、城中の歴史散策を行いました。参加者50名、アヤメ園駐車場からスタート、途中、縄文海進の説明と斜面林の希少植物の解説。更にかっぱの小道を木道まで進み、マルバヤナギの「柳絮」について説明しました。牛久ではここでしか見られない自然現象で5月の初旬に綿毛が雪が降ったよう浮遊する珍しい現象です。参加された皆さん、目を丸くして聞いて頂きました。そして南窓寺跡で寺子屋の話をしました。茨城県の県南、特に牛久には多くの寺子屋があり、現勧成院の寺子屋「提灯座」が最大規模でした。その後太政官布告で提灯座は牛久小学校になり、南窓寺の寺子屋は城中小学校となりました。その後両校は合併、現牛久小学校の前身となりました。南窓寺の次は抱撲舎、双恕庵(俳人平本くらら宅)、雲魚亭を詳細に解説のあと移動。河童の碑の前の広場で陣屋の説明で、150年前の陣屋門が牛久に現存すると言う話には皆さん大いにびっくり。その後得月院まで移動。ここはボリュームがあります。天正18年(1590)の秀吉の天下統一で小田原城が陥落。同時期に牛久城も落ちました。支城15も相前後して落城。秀吉の天下統一で、功績のあった太田金山城の由良国繁の母「妙印尼」に秀吉から牛久城を拝領しました。息子の由良国繁兄弟は小田原北条氏に小田原城に幽閉(理由は長くなりますので)されていました。このため77歳の高齢でしたが城内の家来に気合いを入れて秀吉に与し天下統一に貢献しました。秀吉は息子たちは気に入らんが母に免じて牛久城を与えたのでした。その妙印尼を戦国時代最強の女丈夫と言われています。得月院には妙印尼の五輪塔があり、牛久市の文化財となっています。その妙印尼は輝子と言い、現在最も注目されている方で、NHKの大河ドラマの候補とも言われています。得月院には小川芋銭の墓もあり、牛久の歴史が盛りだくさん詰まっています。写真は得月院の閻魔大王と奪衣婆の説明に皆さん大笑いでした。2時間の歴史散策大成功でした。

| 16:57 | 投稿者 : ushiku |
生態系や農業被害どう対処する?

 

牛久沼のコブハクチョウは自由気ままに行動しています。今日は、うしく沼かっぱの小径の木道脇で5羽の成鳥が羽繕いをしていました。5羽とも足環がついていました。ここに居ると言うことはパートナーに恵まれず、繁殖期でありながら、巣作りもできない個体だったようです。しかし、ここまで放任していて良いのでしょうか? 牛久沼のコブハクチョウは数十年前に国民公園協会(皇居のお堀を管理する団体)から某市が譲り受けた個体が増えたものです。その時の管理する条件は、風切り羽を切ることが条件だったと聞いています。しかし、現在の牛久沼の個体は風切り羽は全く切られていないため、茨城の県南に増殖しています。毎年10羽ほど孵化していますので増えるばかりです、このため農業被害も深刻化しています。孵ったばかりの雛を連れた親鳥が田んぼに入って田植えしたばかりの稲をつまんでしまいます。その他にも環境問題はいくつも報告されています。このままの状態ですと、平成27年1月28日に環境省によって全国に生息していた「カナダガン」を特定外来生物に指定し71羽すべて殺処分されました。牛久沼にも2羽がいましたが71羽に含まれています。カナダガンはシジュウカラガン(絶滅危惧1A類)との交雑による環境破壊が懸念されていました。国立環境研究所では、コブハクチョウを公表移入種として扱い、愛知県では放逐禁止。自然環境の保全及び緑化の推進に関する条例が施行されています。

| 16:36 | 投稿者 : ushiku |
稲荷川外堤の桜は一分咲き程度

 

稲荷川外堤の桜並木はこんな感じです。まだ咲き出したばかりで、何となく蕾のピンクがわかる程度です。東京では満開と言われていますが、牛久では一週間程度遅れています。途中寒の戻りや花曇りで気温が低く、開花が遅れているようです。桜の季節に、花曇りは暫く続き、桜の見頃は長続きしそうです。今日は二十四節気「春分」の七十二候(末候)「雷乃発声」(かみなりこえをはっす)です。春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃。恵みの雨を呼ぶ兆しとして喜ばれたそうです。昨日、関東地方各地に雷警報が発令されていたことに驚きを隠せませんでした。七十二候が実に正確な暦であることかと感心しました。今年初めて鳴る春雷を初雷と呼ばれ、冬ごもりの虫を起こす「虫出しの雷」とも言われました。

 

 

| 15:48 | 投稿者 : ushiku |
稲荷川近況

 

早朝の稲荷川です。前方の橋は三日月橋から一つ北側の刈谷橋。この付近にはコブハクチョウ、カワウ、オオバン、コガモ、カルガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ等々が飛来し賑やかな水面でしたがこのところ急に数を減らしています。冬鳥はそろそろ北帰行に入ったのかもしれません。この内、コブハクチョウとカルガモは留鳥ですので、繁殖期に入るための巣作りをしているのかもしれません。

野鳥のほか、稲荷川に変化が起きているのは、水位の上昇です。牛久沼の八間堰の水門を閉めたのでしょうか、牛久沼を含めて水位が上がっています。これは稲荷川土地改良区並びに竜ヶ崎市、利根町の農業用水に利用するための季節に入ったためでしょう。農業用水は4月に入ると水田に供給され、5月初めには田植えとなります。

そして、写真の右側(右岸)を国道6号牛久土浦バイパスが通過することになっています。刈谷橋の右前方までが土地改良区の水田。橋の右から台地になりますが、国土交通省の図面では、この写真の右岸を抜けることになります。右岸は台地が迫り出していますので削るのか、台地に上るのかは不明です。

| 17:49 | 投稿者 : ushiku |