「朝焼けは雨」

 

今朝6時28分の東の空です、日の出は6時20分ですので、太陽は地平線から登っているはずですが、障害物があって、日の出の時間通り太陽は昇りません。東の空は見事な朝焼けに染まりました。天気俚諺(「てんきりげん」昔の人は、季節や、日々の天候の状態を観察して天気の予報としていました。それを天気の諺と言います)では、「朝焼けは雨」というのがあります。これが良く当たるんです。今朝は、早朝は雲が多かったのですが、青空も広がっていました。しかし、間もなく雲一面の空となり、日中は小雨のぱらつく一日になりました。天気俚諺は大当たりでした。天気俚諺で、「ツバメが低く飛ぶと雨」「アマガエルが一斉に鳴きだすと雨」「夕焼けは晴れ」「朝虹は雨」「飛行機雲がなかなか消えないと雨」「猫が耳をこすると雨」等々、たくさんあります。

| 17:56 | 投稿者 : ushiku |