今日は「八朔」

 

今日8月1日、東海、関東甲信で梅雨が明けました。今年は本当に長かったですね。8月の梅雨明けは13年ぶりだそうです。いよいよ真夏日到来。マスク生活と猛暑、熱中症には十分お気を付けください。

今日は「八朔」。言葉の響きから柑橘類をイメージするでしょうが、「八月朔日」の略です。「朔日」は「ついたち」とも読みます。旧暦の八朔は新暦の九月ごろにあたるため、かつては田畑にお供えをし、豊かな作物の実りを神様に願っていました。やがて、鎌倉時代頃から「稲の実=田の実=頼み」と変化し、頼みにしている人に感謝を込めて贈り物をする習慣が生まれました。徳川家康がはじめて江戸に入った日が天正18年の八朔(8月1日)であったため、江戸時代には祝日ともなりました。今でも、各地では「八朔祭り」や「八朔相撲」を行い、五穀豊穣を祈願します。牛久周辺の田んぼの稲の穂が出そろいました。ゴールデンウィークに田植えした稲が出穂を終え錦秋へ向かいます。

 

 

| 16:49 | 投稿者 : ushiku |