町中に蔓延る要注意外来生物

 

白く見える花は、「ワルナスビ」というナス科の外来植物ですが、有毒で棘があるということで除草が大変難しい野草として、環境省では「要注意外来生物」としてマークしています。このワルナスビはアメリカ、カロライナ周辺の原産で、全世界に移入分布する帰化植物として知られています。茎や葉に鋭いとげが多く、種子が家畜のフンなどに混じって広がり、垂直および水平に広がる地下茎を張ってあっという間に繁茂します。耕耘機などですきこむと、切れた地下茎の一つ一つから芽が出てかえって増殖してしまい、また除草剤も効きにくいため、一度生えると完全に駆除するのは困難な植物です。有毒植物。環境省の要注意外来生物 として、駆除が求められています。この場所は国道6号線沿いの大手回転すし店の植え込みです。ここは毎年発芽し、種子が近隣へ拡散しているのは何とかしなければと思っています。

| 18:21 | 投稿者 : ushiku |