遠ざかる梅雨前線の雲堤

 

今日は梅雨の中休み。梅雨らしい激しい天気が続きますね。発達した低気圧から伸びる前線が「線状降水帯」となって各地に大雨を降らせました。この線状降水帯とは最近の言葉で、平成26年(2014)8月の広島県での大雨以降,頻繁に使われるようになりました。この線状降水帯とは、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される降水帯で、線状に伸びる長さ50〜300 km程度、幅20〜50 km程度の強い降水をともなう雨域」として気象庁が用いる予報用語になっています。地球温暖化の影響もあるのでしょうか、ゲリラ豪雨とか、爆弾低気圧、エルニーニョなどなど、聞き慣れない言葉が多くなりました。写真は今日の午後、南の空ですが、白い雲堤は太平洋上にある梅雨前線です。

| 17:20 | 投稿者 : ushiku |