七十二候「半夏生」の季節

 

今日から七月。今年も残り半分となりました。二十四節気の「夏至」の七十二候(末侯)「半夏生(はんげしょうず)」です。サトイモ科ハンゲ属のカラスビシャクという野草の若芽が生ずる頃(今年は終わりました)と言われています。農家では、この頃の天候によって、一年の豊作凶作を占う風習があり、特にこの頃に降る雨は、大雨になると恐れられています。※ハンゲショウ(半夏生)という野草はドクダミ科で、七十二候の「半夏生」のカラスビシャクとは異なります。写真左が「カラスビシャク」、右が「ハンゲショウ」です。

二十四節気と七十二候についてご説明しますと、二十四節気は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候です。二十四節気と同じく古代中国で作られました。二十四節気が古代のものがそのまま使われているのに対し、七十二候は何度も変更されてきました。日本でも、江戸時代に入って日本の気候風土に合うように改定され、「本朝七十二候」が作られました。現在主に使われているのは、明治時代に改訂された「略本暦」のものです。ちなみに「気候」ということばは、この「節気」と「候」からできています。

 

 

| 19:01 | 投稿者 : ushiku |