五月雨に濡れる近隣公園

 

雨に濡れる「田宮西近隣公園」です。今日は発達した低気圧が日本列島に接近、西日本各地で大雨になっています。牛久も昼前から雨になり、ほぼ一日「五月雨状態」でした。「五月雨」とは「梅雨」と「物事が長く続くこと」の2つの意味をもつ言葉です。「五月雨」と聞くと俳句などで使われる、季節を表す「季語」ですが、今降っている雨はまさに「五月雨」です。

田宮西近隣公園は「谷津頭(やつがしら)」で、ここの湧水は、第2つつじが丘の下を通り、刈谷川に注いでいます。6000年前の縄文時代には、地球が熱く、海面上昇があって、ここまで海水が来ていました。その証には、写真つき当りの台地上に県道46号線バイパスが通っていますが、そのバイパス工事で、35000年前の旧石器時代から奈良時代までの長い期間、大規模な集落が見つかっています。古代人はこの谷津頭で採れる海の幸に舌鼓を打っていたことでしょう。

| 17:24 | 投稿者 : ushiku |