祝日本遺産認定・牛久シャトー

 

おめでとうございます。牛久シャトーが日本遺産に認定されました。今日午後、牛久市役所に「日本遺産認定」の垂れ幕がかかりました。

(以下、茨城新聞速報引用)

文化庁は19日、地域の有形・無形の文化財を組み合わせて魅力を発信し、観光振興などにつなげる「日本遺産」に、茨城県牛久市と山梨県甲州市が共同申請した「日本ワイン140年史-国産ブドウで醸造する和文化の結晶」、茨城県笠間市と栃木県益子町が共同申請した「かさましこ-兄弟産地が紡ぐ“焼き物語”」を含む21件を新たに認定した。「日本ワイン140年史-」は、日本のワイン文化の広まりに貢献した、牛久市のシャトーカミヤ旧醸造場施設事務室などの文化財、「かさましこ-」は多くの陶芸家が美意識を追求し美しい生活造形を生み出す笠間焼の焼き物文化などで構成される。今回の認定で「日本遺産」は2015年度からの累計で104件となり、「20年度までに100件程度」とした同庁の目標に到達。これまで認定遺産がなかった東京都からも初めて選ばれ、全都道府県に拡大した。このため今回で認定は最後になり、当面追加されない。

 

| 17:41 | 投稿者 : ushiku |