栄養価の高い夏蕎麦の花が満開

 

岡見町付近で、そば畑を見つけました。牛久で蕎麦というと「秋蕎麦」でしたが、この時期にそばの花が満開になっていました。
蕎麦は多家受粉という別の株の花粉がつかないと実がつかないという性質があります。実の形は三角稜型で播種から75日で収穫できます。主に実を製粉して蕎麦粉として利用し、それを用いた麺(蕎麦)や蕎麦掻等を食用にします。一般にいわれる夏ソバ、秋ソバは品種ではなく、6月中旬から8月中旬の夏の時期に取れるソバを夏ソバ、9月下旬から11月中旬の秋の時期に取れるソバを秋ソバといいます。新ソバと呼ばれるのは基本的に秋ソバであり、夏に取れたソバは夏新などと呼ばれます。味については秋ソバの方が勝るという意見が大半ですが、夏ソバは栄養価が高いなどのメリットもあります。

| 18:17 | 投稿者 : ushiku |