拡大する耕作放棄地

 

牛久市内の耕作放棄が拡大しているような気がします。これまで青々としていた稲穂が、ヒメジョオン(貧乏草)に占拠された田畑は本当に寂しい感じがします。明らかに耕作放棄という感じです。写真は乙戸川沿いの水田ですが、昨年は青々とした稲が風のそよいでいたような気がします。これは牛久ばかりではなく、高齢化による要因が大きな社会問題となっています。

内閣府のホームページによりますと、以下のコメントがありました。農地面積は、主に宅地等への転用や荒廃農地の発生等により年々減少し、平成27年には449万6千ha。荒廃農地(客観ベース)の面積は、平成26年には27万6千haであり、そのうち再生利用可能なものが約半分の13万2 千ha。耕作放棄地(主観ベース)の面積は、年々増加し平成27年には42万3千ha。荒廃農地の発生原因は、「高齢化、労働力不足」が最も多く全体の23%、次いで「土地持ち非農家の増加」が16%、農産物価格の低迷が15%となっている。

国がここまで把握しているわけですから、もう少しスピードを上げて対処すべきと考えますが。

| 17:38 | 投稿者 : ushiku |