梅雨を知らせるタチアオイ

 

里山の一角でのスナップです。タチアオイ(立葵)が咲き出しました。タチアオイは、梅雨時を知らせる花として知られています。地中海沿岸原産で、日本には、古くから薬用として渡来したといわれています。まっすぐに伸びる草姿からタチアオイの和名があります。2mくらいに伸びる長い茎に、花を穂状につけ、梅雨入りごろ、花穂の下から咲き始めて順々に咲き上がり、花が終わるころに梅雨が明けるといわれています。この言い伝えも梅雨明けには外れるようになりました。地球温暖化によって狂ってしまったのかもしれません。

| 17:07 | 投稿者 : ushiku |