公共施設の活動自粛

 

新型コロナウイルスで、各地、各所で自粛が続いています。茨城県の方針で、本県内の医療提供体制、県内、都内の感染状況から判断して、Stegeを4段階に設定してきました。

「Stege4」は「感染頻発・医療崩壊のリスクが高」、陽性者10人/日超。(すべての人が自粛)

「Stege3」は「感染が拡大している」、県内陽性者数10人/日以下。(高齢者自粛)

「Stege2」は「感染が概ね抑制」、県内陽性者数5人/日以下。(高齢者自粛、分散登校)

「Stege1」は「感染が抑制できている」、県内陽性者数1人/日以下。(自粛解除、通常登校)

このような方針に基づき、5月25日以降は「Stege2」に緩和、その後、二週間程度、引き続き陽性者数が抑制できれば6月8日以降「Stege1」へ対策緩和の予定とされています。このような状況の中、市の施設すべてが自粛で、一部利用ができなくなっています。ここ牛久自然観察の森でも、ネイチャーセンター、観察舎は閉館。トイレの他散策は通常通りできます。牛久自然観察の森内各ポイントには、看板が立てられ「建物は臨時休館中」と掲示されています。このコロナ禍が一日も早く収束することを祈るばかりです。

| 16:57 | 投稿者 : ushiku |