野生動物と人間の共生を考えさせる出来事

 

田植えの終わった田んぼに、白い物体が。これは、稲荷川をテリトリーとしているコブハクチョウの一家(Bファミリーとします)です。今年は三羽の雛を孵しましたが、その雛を連れて、稲荷川の刈谷橋から三日月橋の間の水田を子育ての場としています。田植えしたばかりの水田に入り、早苗を啄んでいるのかと、しばらく観察しましたが、早苗を啄むことはありませんでした。田んぼに浮いているコケを掬うように食べ、畦に生えている野草を食べていました。ただ、根が活着しない水田に入って動き回ることはまずいですね。心配した農家の方が近づいてきました。何とか追い払うことができたのでしょうか。数年前になりますが、水田を荒らすコブハクチョウを防除しようと、稲荷川の右岸にネットが張られたことがありました。野生動物と人間の共生は難しいですね。

| 19:25 | 投稿者 : ushiku |