オオキンケイギクの脅威

 

今年もお目見えです。特定外来生物「オオキンケイギク」が空地や道路の分離帯に黄色い派手な花が咲き始めました。牛久ではひたち野牛久の「人人ニュータウン」造成の際、広大な宅地のグランドカバーとして、URが播種したものが拡大しました。当時は問題はなかったのですが、固有種を含めた在来種の植物に影響を及ぼすことがわかり、環境省は平成18年2月に「特定外来生物」に指定しました。しかし、ひたち野牛久一帯に広がったオオキンケイギクのお花畑は壮大なものでした。ニュータウンとして販売前の宅地は黄色いお花畑。道路の分離帯まで広がって大きな問題となりました。でも、最近は次々と住宅が建ち、防除が進み、お花畑は見られなくなりました。しかし、今度はひたち野牛久以外の町で猛威を振るっています。特定外来生物という啓発がまだまだ遅れているようで、家庭菜園で育てる人も見かけます。

| 17:21 | 投稿者 : ushiku |