新緑が眩しくなる季節

 

今日の日本列島は移動性高気圧に覆われるため、全国的に爽やかなお天気になりました。5日の立夏を過ぎ日毎に力強さを増していく新緑が目にも眩しくなる季節です。新緑を眺めると条件反射のように「目に青葉  山時鳥  初鰹」のフレーズが浮かびます。江戸中期の俳人、山口素堂の句です。ホトトギスは夏とともにやってくる渡り鳥。初鰹は初夏、黒潮に乗って北上するカツオ。初夏の風物詩を並べるというシンプルさが心に響き、来たる夏に心躍る気持ちは同じなんだと、なんだかうれしくなりますね。(新地、稲荷川外提)

| 13:49 | 投稿者 : ushiku |