そろそろ柳絮の季節

 

牛久沼が一年で一番の繁忙期に入りました。稲荷川や谷田川流域の水田に農業用水として供給する時期に入りました。あと数日で、機場が稼働し、農業用水が各水田に供給されます。機場は試運転も終わり、スタートを待つばかりとなりました。牛久沼の水位もピークに達し、写真の河畔林が水没するほどの水位となっています。この場所は「牛久沼かっぱの小径」の木道脇です。新緑に映える湖畔です。この木道周辺には、マルバヤナギという柳があり、間もなく綿雪が舞うような幻想的な情景が見られます。風のない長閑な日に是非ともご覧になってください。柳の花が終わり、小さな種子を飛ばすため、綿毛となって浮遊します。木の枝は雪が降ったようになり、空中を浮遊する綿毛は綿雪のようです。そして、運が良ければ、木道が真っ白に雪が降ったようになります。「論より証拠」是非ともゴールデンウイークの後、昨年は中旬でしたが、今年は早まるかもしれません。

| 17:26 | 投稿者 : ushiku |