もうすぐ葉桜の稲荷川外提

 

穏やかな週明けになりました。清明を過ぎ、海も山もすべてのものが春光に包まれ。明るく長閑な様子を「麗か」と言います。古くは「うらうら」といい、それが「うらら」と省略され、接尾語がついたと言われています。また「うらうら」の語源である「うら」は、心や心のうちを表す言葉です。「春のうららの隅田川」で始まる馴染み深い歌曲にもあるように「春うらら」というと、春の陽気な気候だけにとどまらず晴れやかで明るい心情的なところも加味して用いられます。そんな季節になりました。写真は午前6時の稲荷川外提です。ソメイヨシノは花吹雪、水面では花筏。あっという間に散りだして、今日の夕方にはほぼ葉桜になっていました。

| 17:10 | 投稿者 : ushiku |