谷津田の春

 

桜の季節は間もなく終わり、二十四節気(春分)の次の節気「清明」まであと二日。春本番になりました。農作業は田起こしが終わり、4月中旬には農業用水の通水が始まり、代掻き、田植えの準備は着々と進んでいます。牛久と牛久周辺に残されている、「谷津田」の周囲の樹木も芽生え、冬枯れのモノトーンから、幾分か萌黄色になってきました。谷津田は台地の奥深く入り込む谷で、周囲は比較的自然林が残されています。ケヤキ、ヤマザクラ、コナラ、クヌギ、コブシ(田打ち桜)など落葉広葉樹。スギ、ヒノキ、アカマツなど針葉樹。シラカシ、ヤブツバキなどの常緑広葉樹などに囲まれて、日本の原風景を作り出しています。この谷津田の樹々は、ゴールデンウイークの田植えの頃は、新緑に変わります。

| 16:55 | 投稿者 : ushiku |