牛久の桜、今日が見納め?

 

牛久の桜は満開になりましたが、生憎の天気で、明日ゆっくり眺める暇もなく散ってしまいまそうです。今日は午前中曇り、気温は21度まで上がりました。午後からは曇りのままでしたが、気温は急降下、午後3時には11度まで下がりました。これは南岸低気圧が通過し、北東の強風が吹き荒れました。南岸低気圧の通過に伴い、西高東低の冬型気圧配置になるため、明日は雪の可能性も出てきました。この時期に降る雪を「桜がくし」と言います。日本人が好きなサクラは、「儚いからこそ美しい」という感覚は日本人独特のなのかもしれませんね。日本人は、美しいものを長く見ていると飽きてしまう、一瞬の「旬」を味わうことこそ「粋」であるということを感じるもののようです。美しい花を待ち、暖かい春に恋焦がれて、寒い冬を耐えているからこそ、花の美しさはより一層引き立つものです。この感情は日本の四季につながるのなのでしょうね。

| 19:00 | 投稿者 : ushiku |