この時期には珍しい尾流雲

 

なかなか春がやってきませんね。今日は本州の上空5500m付近に-36度という真冬並みの寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まりました。この影響で、大気の状態が不安定になり、突然の天気急変がありました。午後2時30分、三日月橋から南西方向にこの時期では珍しい積雲から「尾流雲」がのびているのが見えました。雨は降っていませんでしたが、この雲は牛久を通過せず、東に移動したようです。尾流雲は副変種のひとつで、雨や雪が地上に落下する途中で蒸発してしまい、糸を引くような形で現れます。巻積雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、積雲、積乱雲に見られます。午後4時過ぎにはパラパラと雨が降った後、霙に変わりましたがすぐ止み、その後明るい太陽が顔を出しました。

| 17:15 | 投稿者 : ushiku |