里地に佇む馬頭観世音菩薩

 

牛久市内の農村部には、馬頭観音の石碑をよく見かけます。馬頭観音の「観音」は、正しくは観世音菩薩といいます。観音さまはあらゆる場所で私達の救いを求める声を聞くと、その姿をいろいろ変えて、助けてくださる仏さまといわれています。馬頭観音もその内の一つです。これらの石碑には、「馬頭観世音」の文字が刻まれています。牛や馬、とくに馬の供養や無病息災を祈願して建てられたわけです。石碑の立つところは、牛馬とともに農業や畜産を生業とする人びとが多くいたことを物語っています。(新地・弘化新田にて)

| 17:14 | 投稿者 : ushiku |