春めく季節にちょっと早い別れ霜

 

今朝は西高東低の気圧配置になり、久しぶりに霜が降りました。このところ日一日と春めいてきた最中、寒い朝にビックリしました。「春めく」とは、寒さがゆるみ。いかにも春らしい気候になってきたことを言います。「めく」は、それらしくなるという意味の接尾語です。春に限らず四季それぞれに使われますが、特に「春めく」が一番なじみ深く、人の心情が最もよく表れる言葉で、歌にもよく詠まれます。「春浅し」よりも確実に一歩進んだ春の訪れを指す言葉ではないでしょうか。写真はネギ畑に降りた薄霜。

| 17:43 | 投稿者 : ushiku |