東林寺城址を多くの方に知ってもらいたい

 

豪華な標識を作成している方がいらっしゃいます。Kさん。地元の歴史を多くの方に知ってほしいと、材木を入手して、何の標識もない城址に標識を建てようと奔走しています。この材木は古民家を取り壊した際に出た材木とのこと。太さな枕木ほどの大きさです。ここは、新地町の丘陵の上に残されている「東林寺城址」。天正18年(1590)に豊臣秀吉の天下統一で、小田原北条氏が秀吉の軍勢に落城しました。牛久の岡見氏も小田原方だっため、豊臣方の下妻の多賀谷氏に攻められ牛久城とその支城もすべて落城しました。東林寺城は、敵の城があった八崎城(泊崎)と目と鼻の先、湖上を挟んで1.4kmほどで、北の最前線基地牛久を何とか死守したいと、北条氏の命令で、各地から応援隊が駆け付けました。これらの応援隊を「牛久番」と呼ばれ、東林寺城はその兵隊の駐屯地として機能していました。幅は100mほどでしょうか、奥行きは1km以上もあり、広大な城でした。この城址はその後いくつかの不運があり、戦後に行われた牛久沼の新地周辺にあった、「浮田」を乾田化するための土地改良が行われました。浮田は字の通り、浮いている田(島のような)であったため米の収率も悪く、更には田舟で田植え、稲刈りをするという困難な作業となっていました。この大規模な土地改良工事で、沼の埋め立てに東林寺城址の「一の廓」(江戸以降は「本丸」と呼ぶ)の大部分を削り取って埋め立てに使われてしまいました。その一の廓にあった「五輪塔」が現在の東林寺に移されています。市の文化財に指定されていますが、何方の墓なのかはわかっていません。

| 17:09 | 投稿者 : ushiku |