万博中央駅の現在

 

超モダンな駅前。ここはひたち野うしく駅東口です。ひたち野うしく駅は、昭和60年(1985)につくばで行われた「筑波科学技術博覧会」の際に「万博中央駅」として開設された臨時駅でした。万博が終了してから駅は廃止され、ホームだけが残されていました。その跡地に「ひたち野うしく駅」が新設されました。駅が開設されるまでの歴史を振り返りますと、筑波万博が昭和60年(1985)3/17〜9/15。その後、北部ニュータウンの起工が平成4年(1992)。北部ニュータウンはその後「人人ニュータウン」に名前を変え、URによって整備されてきました。そしてニュータウンの「街びらき」が平成10年(1998)に行われ、同時にJR「ひたち野うしく駅」が開業しました。現在では大型ショッピングセンターも設置され、牛久の中心はひたち野うしくに移ってしまったような感があります。

| 14:19 | 投稿者 : ushiku |