春の兆し・濃霧の朝

 

今日は日本列島を移動性高気圧が通過したため、早朝から暖かく濃霧の朝となりました。午前6時45分には写真のような濃霧で、車はヘッドライトをつけてのろのろ運転でした。今日も昨日に続き春本番の陽気になりました。沖縄の那覇では26.4度、5月上旬の陽気になったそうです。牛久でも18度まで上がりました。この陽気も週明けには寒の戻りがありそうです。この時期、まさに三寒四温です。

今日は二十四節気「立春」の七十二候(末候)「魚上氷」(うおこおりをいずる)です。春の風に氷が割れ、氷の下にいた魚が跳ね上がるころ。暦の上で春が立ち、それでも続く寒さを「余寒」「春寒」と言います。「東風(こち)が氷を溶かし」、「ウグイスが鳴き」、「魚は氷の間から踊りあがった」。春を告げる兆しはこの三つ。そして「立春」は終わり、次の節気に続きます。

| 17:13 | 投稿者 : ushiku |