柄になった霜

 

春へのカウントダウンが始まりました。あと二日で立春です。花の歳時記で早春の頃を見ると、ずらりと梅の名が並んでいます。「春は梅から」と言われるように、紅梅、白梅、寒紅梅、徳川家康が愛した実割梅に鹿児島紅。日本の風土になじみ、生活に溶け込んだ花だということの証です。梅は桜の開花ほど騒がれませんが、東京の梅の開花は、東京大手町の気象庁露場にある、標本木で測られます。早咲きの梅の開花の便りが、そろそろ西日本の太平洋側から聞かれる頃とされますが、今年は超暖冬、東日本でもボチボチ咲き出しました。異常気象は、自然界まで狂わせているようです。今日は冬型の気圧配置になり、朝は久しぶりに冷え込みましたが、ネギ畑に一面にまんべんなく降りた霜とは異なり、柄のような霜の光景でした。

 

 

| 17:16 | 投稿者 : ushiku |