6000年前の遺跡が残る城中

 

ここは牛久市城中町の一角で、写真左側には特養の元気館があります。そして、写真を撮っている場所手前側の右に行くと上り坂で得月院方向に行きます。そして、右手から細い道が見えるかと思いますが、黄色い矢印の道を左に進み、右の背の高い木立を右に回り込むように進むと、谷津頭になります。谷津頭とは「谷津の突き当り」です。その谷津頭の崖の上が縄文遺跡の「城中貝塚」になります。ここは、今から6000年前の縄文時代、氷期から地球は温暖化になり、大陸の氷床が溶けて、海面は4〜5mほど上昇しました。写真の水田は海の底。海水は内陸まで入り込み、牛久沼は当然内海で、茨城県南部は「古鬼怒湾」とか「鬼怒の海」呼ばれる内海となっていました。城中は稲敷台地の縁(南端)にあたるため、台地に住んだ古代人は、崖を降りて、魚や貝を捕獲して食料にしていました。その遺跡となる城中貝塚には、海の貝や土器の破片が今でも散見されます。

| 20:16 | 投稿者 : ushiku |