207年前から生き続ける交通の要衝

 

ここは中根小学校下の農道から、南西側国道468号線を遠望しています。468号線と言いますと聞きなれない名前かと思われますが、この道路は「高規格自動車専用道路」といい、通称「首都圏中央自動車連絡道」、すなわち「圏央道」です。牛久市内には3本の国道が走っています。6号、408号、そして468号です。現在では重要な幹線道路になっていますが、その圏央道の下に一級河川小野川が流れています。小野川とはつくば市の小野崎と洞峰沼が水源となり、牛久市域を縦断し稲敷市の古渡まで36.45kmの一級河川です。この川は蛇行が激しく水深も浅かったため、大雨が降れば度々氾濫したそうです。現在は河川の改修がされているため、氾濫は無くなりました。この小野川には大きな歴史がありました。今を去ること207年前、文化10年(1813)に小野川水運という江戸までの水運による輸送手段がスタートしました。この年に小野川流域の農家28戸が、幕府郡役所に小野川通伝馬造茶船(でんまつくりちゃぶね)の鑑札を申請し受理されました。この時代は江戸の人口は増え続け、エネルギーの枯渇が大きな問題となっていました。そこで、江戸を取り巻く周辺の村々に幕府は官有林にアカマツを植栽し、薪と炭にして江戸直納を義務づけました。その輸送経路となったのが小野川でした。このルートを「小野川水運」と呼ばれています。この場所は今も昔も交通の要衝として生き続けています。

| 18:51 | 投稿者 : ushiku |