季節外れの風物詩

 

日ごとに北風が強まる時期、牛久の風物詩、「落花生ぼっち」見つけました。市内では殆ど姿を消していますが、この時期では珍しいですね。北風に晒されて甘みも十分高まったことでしょう。師走も後半に入りましたが、異常気象が続きます。昨日は11月中旬という季節外れの陽気になり、暖かさを感じました。あと三日で「冬至」ですが、本当の冬が来るのでしょうか?この時期、日照時間が夏に比べて日暮れが2時間ほど早く、一日があっというまに過ぎてしまいます。「短日」(たんじつ)とか「暮早し」ともいいます。冬の間中、詠まれる季語ですが、特に年末の気忙しさも加わって、一日の経つのが早く感じられます。今年も残すところ12日となりました。

| 17:04 | 投稿者 : ushiku |