牛久沼の無人島

 

大きな湖に浮かぶ小島のように見えますが、ここは牛久沼の無人島です。この島は国道6号線藤代バイパス沿い(道の駅建設予定地対岸)の湖上に位置します。かつてこの島の対岸付近にあった「京成バラ園」と言う観光施設から貸しボートで渡る事が出来たといいます。この島の来歴は不明ですが、明治14年に陸軍省測地部が制作した「迅速測図・牛久村」には島がありません。したがって明治以降、何かの目的のため造成された人工島なのでしょう。1947(昭和22)年の国土地理院の航空写真では既に島は存在しました。現在よりも大きい感じがしました。この島は何かの目的で造成されたことは間違いありません。この小島は深い闇と謎に包まれたままです。

| 17:20 | 投稿者 : ushiku |