長時間居座った放射霧

 

今朝の霧は長い時間居座りました。朝6時ごろから10時過ぎまで、霧が漂いました。この霧は放射霧といい、夜の時間に温度が下がったことで地面の空気が冷やされて、空気中の水蒸気が霧として出てくる状態のことをいいます。風が弱く、よく晴れた日の早朝に発生しやすいといわれています。盆地や谷沿いで発生しやすく、それぞれ「盆地霧」「谷霧」といった呼び方をされることもあります。明け方に発生し、9時ごろまでにはふわっと消えてしまう放射霧。まさに、自然が生み出す神秘的で儚い光景です。(写真はアヤメ園の河童像と放射霧)

 

 

| 20:46 | 投稿者 : ushiku |