霜だたみの朝

 

今日は、カムチャッカ半島付近にある低気圧と、大陸の移動性高気圧によって、日本列島は冬型の気圧配置になり、今年初めての本格的な霜の朝となりました。初冬の長雨はが終わり、季節は本格的な冬に突入です。これほど一面に霜が降りることは本当に珍しいことです。霜とは、空気中の水蒸気が0℃に冷えた地物に凍りついて氷の結晶になったものです。その状況から色々な表現の仕方があります。写真の情景は一面に置いたのを「霜だたみ」と言います。

 

 

| 19:25 | 投稿者 : ushiku |