木枯らし一号が吹かなくても霜柱は一級

 

一週間ぶりに晴れ間がやってきました。でも気温は大きく下がりました。早朝の気温は摂氏1度、冬本番です。木枯らし一号の吹き出しはないのですが、今朝の冷え込みで大きな霜が出現しました。いよいよ本格的な冬に突入です。晩秋から初冬にかけて木々の枝葉を裸ん坊にするのは「凩」(こがらし)の仕業です。その頃になると吐く息も「白息」。冬の季節風の中でも真っ先に吹く北風(風速8m/s)を「木枯らし1号」と数字が付きます。かつては、落ち葉を誘う風を指していた「木枯らし」ですが、現在では、冬の間に寒林を鳴らす凄まじい強風のことを「凩」と呼びます。今年の木枯らしは、大阪は11月4日に吹きましたが、東京は吹いていません。異常気象は留まることを知りません。

 

| 19:24 | 投稿者 : ushiku |