大根引き(だいこひき)の季節

 

時ならぬ大雨を記録しました。昨日までの総雨量1300mm(観測史上1位)を記録したのは茨城県鹿嶋市でした。今日も台風27号崩れの低気圧で、九州と関東ではぐづつき気味でした。

この時期に、こんな言葉があります。「大根引大根で道を教えけり」(小林一茶)  、「大根引」とは「だいこひき」と呼びます。これは、大根の収穫のことを指し、晩秋から初冬の小春日和の暖かい日に行います。両手で葉を掴んで畑から引き抜く様子から「大根をひく」と言います。もともと「おおね」の音読みでしたが、語呂がいいので「だいこ」と読んだそうです。かつては、家族総出で行った大根引。農家の庭先に積み上げられた土の付いた白い大きな根を丁寧に洗う様子は、冬の風物詩でした。

| 19:05 | 投稿者 : ushiku |