穏やかな日の出の情景

 

長閑な里山の景観です。大豆を収穫中の機械の背景から朝日が昇ってきます。6時21分、日の出は6時11分(17日撮影)ですから、日の出から10分後の穏やかな日の出の情景です。今年は、東京で木枯らし1号が吹いていません。樹木の葉を落とし、枯れ木のようにしてしまうことから「木枯らし」。気圧配置が西高東低の冬型になると吹き始めます。「凩」とも書き、この字は日本でつくられた国字です。気象庁による木枯らしの定義は、「10月後半から11月までの期間、最大風速が毎秒8m以上の北風」とされています。そして、その年の最初に吹く木枯らしが「木枯らし1号」とされます。東京と大阪(11月4日済)の二ヶ所で発表されますが、温暖化の影響でしょうか、穏やかな小春日和が続いています。

| 18:55 | 投稿者 : ushiku |