準用河川・柏田川

 

ここは柏田川(準用河川)の下流域になります。ぶどう園通りを東に進み、ふれあい通りの栄町5丁目交差点を直進し道は緩い下り坂になります。その坂を下った一番下が柏田川の橋になります。ほとんどの方は知らずに橋を渡っています。そして道は緩い上り坂になり、登りきったところが東洋大牛久高校入り口になります。柏田川の源流は確実園園芸場付近で、現在では埋め立てられて川の姿は見られませんが、コルサム牛久(マンション)前のJR常磐線脇に調整池がありますが、この池が柏田川の源流付近の名残です。その水は上記写真の付近まで暗渠となってJRを潜り、田宮・中柏田線の眼鏡市場と洋服の青山の信号を斜めに横切り、牛久シャトーの裏に出て、市役所脇の近隣公園に。ここで、川は一旦顔を出し、再び暗渠となって、ふれあい通りの下を潜り、中央図書館の南側で地上に顔を出します。ここから、上記写真の三面コンクリートの川となって小野川に注いでいます。全長2.5kmの小さな川でした。

| 17:08 | 投稿者 : ushiku |