牛久シャトーの桜

 

人出の途絶えた、牛久シャトーはオエノンホールディングスと牛久市の賃貸借契約の基本合意が成立しました。今秋までに、詳細の詰めが行われる予定です。その牛久シャトーにはソメイヨシノを始め、各種桜が植栽されています。その中で、ソメイヨシノは古木で、年々見応えがなくなってきています。ソメイヨシノの寿命が50年と言われていますが、まさにその寿命に来ている桜が何本もあります。牛久シャトーの正面から見たとき、正門を入ってすぐ、右側にあったソメイヨシノですが、本館の右半分を桜の花で覆っていた光景を見ることができました。しかし、311以降とは思いますが、年々樹勢が衰え、この写真のようになってしまいました。園内にはまだまだ多くの桜があり、朽ちるのは時間の問題と思われます。若木の移植など、喫緊の対策が必要でしょう。(写真右にある古木)

| 20:27 | 投稿者 : ushiku |