稲荷川でアオコが発生

 

稲荷川で再び「アオコ」が発生しています。アオコ(青粉)とは、富栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生し水面を覆い尽くすほどになった状態とその藻類を指します。 粒子状の藻体がただよって水面に青緑色の粉をまいたように見えることから、「青粉(あおこ)」と呼ばれるようになったようです。稲荷川の上流域はつくば市で、特に農村部の下水道普及率が低いことです。屎尿は川には流れ込まないでしょうが、生活雑排水の流出は現実に起きています。生活雑排水や化成肥料、除草剤なども河川に排水されることによって、リン、チッソ等によって、植物プランクトンや動物プランクトンの異常発生によって、富栄養化となりアオコが発生することになります。(三日月橋から上流遠望)

| 11:35 | 投稿者 : ushiku |