絶滅危惧粁燹Εニバスの再生を目指す

 

今年も見事に咲いてくれました。オニバスの花です。オニバスは、アジア原産で、日本では本州、四国、九州の湖沼や河川に生息していましたが、環境の急変で減少が著しく、絶滅が危惧されています。かつて宮城県が日本での北限だったのですが、絶滅してしまい、現在では新潟県新潟市が北限となっています。農家にとってオニバスは、しばしば排除の対象になることがあり、ジュンサイなどの水草を採取したりなど、池で農作業を行う場合、巨大な葉を持つオニバスは邪魔でしかないうえ、鋭いトゲが全体に生えているために嫌われる羽目になりました。また、オニバスの葉が水面を覆い水中が酸欠状態になったため、魚が死んで異臭を放つようになり、周囲の住民から苦情が出たという話もありました。環境省レッドデータ(絶滅危惧粁燹VU)のオニバスを再生しようと、アヤメ園の池で再生を目指しています。

| 17:44 | 投稿者 : ushiku |