ハナショウブの株分けがスタート

 

牛久観光アヤメ園の株分けが本格的にスタートしました。3年ごとに最盛期の株を掘り起こし(左写真・今年満開)、大きな株を細かく切り離して新しい苗に仕立てます。その苗を右の写真のように、事前に整備された畝に丁寧に6株(苗)づつ植え付けています。植え付けられた苗は根が活着するまで水を切らさずに見守っていきます。来年の初年度は、二年目の株、三年目の株に比べると見劣りはしますが、株分け後ですからやむを得ません。ハナショウブを見に来られたお客様は、「満開のところと見劣りのする圃場があるけど、どうしてですか?」と、よく聞かれます。そこで、ハナショウブの性質を説明すると納得してくれます。

| 17:22 | 投稿者 : ushiku |