牛久の一里塚

 

国道6号線ひたち野うしくと土浦市の荒川沖の行政区界にある一里塚です。ここは牛久市と土浦市の境にあるため珍しく国道の両側に一対の一里塚になっています。国道の東側が「中根一里塚」、西側が「荒川沖一里塚」です。いずれも教育委員会の標識があります。

徳川幕府は、1604年街道の整備に取りかかり、五街道を作りました。東海道、中山道、奥州道中、日光道中、甲州道中が五街道です。水戸道中は五街道に準ずる「脇往還」とされました。水戸道中の江戸の起点は日本橋ではなく、現在の金町付近の「新宿(にいじゅく)からでした。新宿から水戸まで30里(120km)の行程でした。そして、牛久には三つの一里塚が設けられました。江戸寄りに「成井一里塚・江戸から14番目」(遠山町)。「田宮一里塚・江戸から15番目」(田宮町信号松屋前)。そして、「中根一里塚(江戸から16番目)」です。これらの一里塚には、高さ(1丈・3m)、面積(5間四方・9m)の塚が設けられました。三つの一里塚のうち、田宮一里塚は標識が1本ありましたが、ここにあったファミレスが撤退した後に整地され標識も無くなってしまいました。*街道の名称は、街道ではなく「道中が正式名称です」、したがって「水戸街道」とは呼びません。

| 17:52 | 投稿者 : ushiku |