盆に無くてはならない禊萩

 

お盆は正式には「盂蘭盆(うらぼん)」と呼ばれ、サンスクリット語の「ウランバナ」を漢字に当てた言葉だといわれています。釈迦の教えを乞うた弟子の目連が、布施や供養を多くの人々に施したところ、その功徳で餓鬼道に落ちて苦しんでいた母を成仏させられたという言い伝えがあり、その先祖供養の日として旧暦7月15日を盂蘭盆(うらぼん)とした、という説があります。そのお盆に無くてはならない植物、それが「ミソハギ」です。ミソハギは盆花や精霊花という別名の通り、お盆には欠かせない花となっています。これは、漢字で「禊萩(ミソギハギ)」と表記することが関係しています。ミソハギは、お盆に作る精霊棚のごはんの横に配置されます。これは、お盆で供養する餓鬼は、のどが狭くごはんが食べられないことから、水とのどの渇きを抑える作用のあるミソハギを添えておくためです。また、お盆や祭り事に利用されることから、禊萩という漢字が当てられたとされています。

かつてのお盆は7月15日を中心にした、旧暦の7月13日から16日までの4日間で行われていました。現在では一部の地域を除き、8月13日から16日までの4日間で行われる場合がほとんどとなりました。この期間は「月遅れのお盆」とも呼ばれます。月遅れの盆が旧暦から約一か月遅れで行われるのは、新暦の7月15日前後が農作業の繁忙期であるためだといわれています。このため、旧暦の7月15日前後にあたる新暦8月13日から16日にかけて、お盆が行われるようになったのです。これに対し、東京などの一部地域では、新暦となっても旧暦同様の7月13日から16日にかけてお盆が行われており、これを「新の盆」と呼んでいます。

| 19:01 | 投稿者 : ushiku |