荒川沖の地名由来

 

土浦市の乙戸沼を水源とし、牛久市島田町で小野川に合流する指定区間延長15キロメートルの小さな川ですが、何と一級河川でした。国土交通省は、上流部での市街化の進展による都市下水路からの流入増加や流域内における阿見吉原土地区画整理事業の実施を踏まえ、中下流部の流下断面不足を解消し、洪水被害の軽減を図るため、牛久市島田から土浦市荒川沖までの区間12.7キロメートルについて、平成6年度から河川改修に着手しました。

乙戸川はしばしば氾濫する「荒れ川」(今の乙戸川)が流れる地域の先の方(沖)という意味から「荒川沖」となったようです。乙戸川は乙戸沼を水源として小野川に合流し、霞ヶ浦に流れる静かな川ですが、かつて乙戸沼は水量が多く、付近は湿地帯だったようです。今の阿見町本郷区に集落があり、江戸初期に水戸道中(街道)が水害の多い地域を避けて整備されたことから、一部の人が街道沿いに移り住み、荒川沖宿(牛久宿の次)として発展ました。(写真は圏央道牛久阿見IC付近)

| 16:11 | 投稿者 : ushiku |