江戸時代の大動脈・水運

 

一級河川小野川の中流域です。小野川はつくば市小野崎に源を発し南東へ流れ、稲敷市古渡で霞ヶ浦に注いでいます。総延長36.45km。1979年、小野川を稲荷川につなぐ人工河川が完成し分流が始まり、稲荷川から牛久沼にも流入しています。これは筑波研究学園都市の建設に伴い都市排水を考慮してのことでした。小野川は今でこそ農業用水に利用されるだけですが、江戸時代は小野川流域に薪炭林(幕府の命令で「御林」・天領)が設けられたアカマツ林が広がっていました。小野川流域のアカマツは薪炭林として、江戸のエネルギーの供給基地として大きな役割を担っていました。牛久市域からは「伝馬造茶船(でんまつくりちゃぶね)」という田舟ほどの小型の船で、搬出され、現稲敷市の伊佐津で高瀬舟に積み替えられて江戸へ送られました。当地で集められた薪は付近の農作物などと共に小野川から霞ヶ浦・横利根を経由して利根川、関宿から江戸川を経由して江戸まで舟で運ばれていました。この水運を「小野川水運」とよび、利根川については「利根川舟運」と呼ばれ、物資搬送の大動脈となっていました。

 

 

 

| 17:18 | 投稿者 : ushiku |