小野川水運で栄えた村

 

左手が小坂町方面、右手が上太田町に架かる「豊年橋」です。下の川は一級河川「小野川」。水源地はつくば市小野崎の味城(みじょう)跡と洞峰沼(現在は洞峰公園)で、稲敷市の古渡まで、つくば市、牛久市、稲敷市の三市を流れる川です。この川が注目されることになったのは、江戸時代前期、八代将軍吉宗の時代でした。平和な世の中が訪れると、江戸の人口は急増。人口百万の大都市になりました。この時代の小野川は、霞ヶ浦経由で、利根川を上り関宿から江戸川に入り、江戸迄の水路が完成していました。この大土木工事が「利根川の東遷」でした。幕府はこの水運を利用したエネルギー政策を打ち出し、江戸を取り巻く村々に、「御林」(おはやし)の植林を命じました。植林されたのは「赤松」で、成長した暁には薪炭として江戸直納を義務づけたのでした。牛久市域では小さな河岸が幾つももうけられ、河岸の名称も設置した村人の名前が付けられ、「・・・河岸」と呼ばれるようになりました。豊年橋付近には雑木林も多く、他の地域よりも早く薪炭を搬出が出来た筈です。河岸から「伝馬造茶船」(でんまつくりちゃぶね)という、小野川に適した作りになっていた小型の舟で幕府から鑑札をもらい、船主となっていきました。この水運を「小野川水運」と呼び、薪炭の他、年貢米も運び出されました。結束町などから積み出された薪炭は、伝馬造茶船で現稲敷市の「伊左津河岸」まで、運び、ここから高瀬舟(当時最大の舟で、500石船とよばれ、佐原から回航)に積み替えられ、古渡から霞ヶ浦に出て、横利根を通り利根川に出ました。利根川からは北上し、関宿から江戸川に入り、行徳を過ぎると、幾つもの運河を進みました。新川と小名木川の接続点には中川舟番所(関所)があり、検問を受けて小名木川を大川(隅田川)まで進み、年貢前は「蔵前」の河岸。薪炭は「御竹蔵」に荷下ろしされました。片道10日以上もかかった大変な航海だったようです。

| 16:38 | 投稿者 : ushiku |