住宅街に進入する「オオキンケイギク」の脅威

 

じわりじわりと住宅街に進入する「オオキンケイギク」の脅威。オオキンケイギクは以前、グランドカバーとして播種が認められていました。牛久ではひたち野うしくの「人人ニュータウン」建設時には大量の種が播種されました。オオキンケイギクは北米原産の多年草で、5月〜7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。強靱でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、苗が販売されたりしていました。しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく「特定外来生物」に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。これまでは、ひたち野うしく周辺でしたが、現在は市内のあらゆるところで見かけるようになりました。特定外来生物であることを住民に啓発する必要があります。

| 17:45 | 投稿者 : ushiku |