七十二候「竹笋生」

 

牛久ではタケノコのシーズンは過ぎたようですが、まだまだ旬を味わえます。今日は二十四節気の「立夏」の七十二候(末候)「竹笋生」(たけのこしょうず)です。たけのこがひょっこり顔を出す頃。伸びすぎないうちに収穫しなければ、美味しいたけのこは味わえません。種類によって収穫期は異なりますが、三月中旬から六月頃まで。孟宗竹は三月中旬頃から市場に出回っていますが、日本固有の真竹は五月〜六月に旬を迎えます。この時期、芳しい野の香りや、しゃっきりした歯応えに、今年もこの季節が来たんだな、と嬉しくなりますね。

| 16:12 | 投稿者 : ushiku |