美しい谷津田の風景

 

今日は移動性高気圧に覆われ、五月晴れの一日になりました。早朝は気温も下がり、遅霜が降りました。この時期の霜を「八十八夜の別れ霜」と言い、農作物には大変な影響を与えることから、農家にとっては恐ろしいものでした。その後太陽が上がると、気温も急上昇、霜の影響は少なかったかと思います。牛久では、ゴールデンウイークも終わり、田植えはほぼ終了したようです。根が活着した早苗が初夏の風に靡いていました。この風景は、牛久ならではの「谷津田」の風景です。牛久の地形は稲敷台地の南端にあり、台地に入り込む谷津の織りなす風景は「日本の原風景」と言われる所以です。この美しい風景は、年々少なくなっているのは寂しいことです。

(牛久市上女化町の谷津田です)

| 18:29 | 投稿者 : ushiku |