国道6号牛久土浦バイパスの通過地点現況

 

国道6号牛久土浦バイパスの根古屋工区、橋台が完成しました。後は橋桁を橋台に載せれば道路は完成です。橋桁をどのように載せるのか、いくつかの方法を考えてみました。「トラッククレーンベント工法」( 上部工をベント(仮受け台)で支持しながら、順次、移動式クレーン(トラッククレーンまたはラフタークレーン)によって架設する方法)。もう一つは「送り出し工法」(地形や交通などの条件から、橋梁下にベントが設置できない場合などに用いる工法)です。この二つが考えられますが、橋台の工事で地面の養生が出来ていることを考えますと、トラッククレーンベント工法になるのではないかと思います。ここまで来るのに地盤硬化で長期間費やしてきています。根古屋川流域の軟弱地帯は最新技術によって、国道が通過しようとしています。

| 17:00 | 投稿者 : ushiku |