シャトーの名物にしたい鬱金と御衣黄

 

牛久シャトーで誰にも気づかれず緑色の濃いサクラ「ギョイコウ」が咲き出しました。よく見ないと若葉と見間違えるサクラです。このサクラも園芸品種ですが歴史は古く、江戸時代とか。「御衣黄桜」と呼ばれる八重の品種でした。「御衣黄」の名前の由来は、花の色が高貴な貴族の衣裳の萌黄色(もえぎいろ)に近いためこの様な名前が付いたと言われています。シャトーにはギョイコウの他、ウコン(鬱金)という黄色い桜があります。ギョイコウは1本。右近は10本近くあり、ソメイヨシノの陰に隠れて知る人ぞ知るという貴重な存在になっています。

| 16:46 | 投稿者 : ushiku |